佐賀のホームページ制作なら株式会社イン・ザ・コム

初心者向け!一眼レフカメラの基本的な知識

 

カメラを持っていても思い通りの写真が撮れない…

・ 「飼ってるペットを撮りたいけど、ブレてしまう」

・ 「背景がボケてる写真が撮りたい!」

・ 「暗い場所でも明るく撮りたい!」

 

そんな人のために今回は、カメラの基本的な知識を紹介します!

 

シャッタースピード

シャッタースピードとは、シャッターが開いてから閉じるまでの速さこと

 

シャッタースピードを変更するとどんな写真が撮れるのか

0002

左が1/600秒

右が1/15秒

シャッタースピードを早くすることで動いている被写体がブレなくなる。

逆に遅くすると右の写真のようにブレて撮れる。

 

絞り(F値)

絞り値とは、レンズを通って撮像素子上に写る像の明るさのこと

↑↑↑↑↑↑

こんな風にいうと理解しにくいが、要するにF値を下げると明るく撮れて、高くすると暗く撮れる

・F値を下げると明るく撮れて、背景がボケる。

・F値を上げると暗く撮れて、背景がボケない。

手前にピントが合って後ろがボケてるような写真が撮りたかったらF値を下げて撮影する。

手前にもピントが合って後ろにもピントがきてるような写真を撮りたかったらF値を上げて撮影する。

0001

○ 左の写真は 絞りが高い値で、右の写真は 絞りが低い値

 

 

ISO感度

ISO感度とは、デジタルカメラが光をとらえる能力を表す値

↑↑↑↑↑↑

要するに、感度を上げると明るく撮れて、感度を下げると暗く撮れる

 

暗い場所でもISO感度を上げれば明るく撮れる!

室内や夜でも感度を上げて撮影すれば大丈夫!

 

が、しかし!!

 

感度を上げすぎると、ノイズが出てザラつきが目立つようになる。

感度の上げ過ぎには注意しよう!

個人的に感度は160~320くらいが良いかなと思います!

 

 

以上のカメラ知識を知っておくだけで、色んなシーンに応用できるかなと思います!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

関連する記事

Copyright © IN THE COM .inc All rights recerved.