佐賀のホームページ制作なら株式会社イン・ザ・コム

2014年12月最新版 Paypalで定期決済を設定する完全マニュアル(法人対応)

Paypalで定期決済を設定する完全マニュアル(法人対応)

まだまだ一般的な銀行振込ですが、最近ではクレジットカードで引き落とす方法も浸透してきました。
居酒屋・美容室なんかはクレジット決済できるところが多いのですが、法人間取引ではほぼ銀行振込といってもいいくらいですね。

株式会社イン・ザ・コムは月額の定期サービスのため、毎月請求書を発行しています。(3,000円プランは半年に一回)

売り切り一度きりのサービスでしたら、https://spike.cc/ を使えばいいのですが、定期決済となると調べた限りではPaypalを使うべきでしょう。

手数料もなかなか安い

Paypal定期決済の手数料はなかなか安い

今回はPaypalで定期決済してもらう手順をまとめます。

Paypalのビジネスアカウントを開設しよう

トップページ右上の「新規登録」から登録しましょう。
https://www.paypal.jp/jp/home/

個人事業主もビジネスアカウントを選択してください。

個人事業主もビジネスアカウントを選択してください。

あとは必要事項を入力、本人確認のために運転免許証をスキャンして送付などする必要があります。Paypalの指示に従って下さい。

クレジットカード利用明細書に表示される名前を設定する

これ私が間違えた経験があるので、注意です!

クレジットカードでお客様と定期決済の設定をするとクレジット引落明細名がPaypalになります。
お客様はPaypalがなんなのか分かっていない場合が多いので、引落明細名を自社にする必要があります。

「マイアカウント」→「個人設定」→「販売ツール」→「クレジットカード利用明細書に表示される名前」の更新を押します。

更新ボタンを押すと自社名に明細名を変更するページがでてきます

更新ボタンを押すと自社名に明細名を変更するページがでてきます

定期決済を設定する方法

「マイアカウント」→「決済サービス」→「ウェブペイメントスタンダード」をクリック

ウェブペイメントスタンダードを選択する

ウェブペイメントスタンダードを選択する

「定期的な自動支払いには」をクリック

VISA、マスターカード、Amex,JCBが使えます。

VISA、マスターカード、Amex,JCBが使えます。

以前はJCBが使えなくて困ったもんでしたが、半年ほど前にJCBも使えるようになりました。

上記の囲まれたところを設定する必要があります。

上記の囲まれたところを設定する必要があります。

できたら一番下の「ボタンを作成」をクリック。

メールアドレスのタブをクリックして、URLをコピーしておく

メールアドレスのタブをクリックして、URLをコピーしておく

このコピーしたURLをメールで送るだけです。

ただ、お客様にPaypalのアカウントを作っていただくてはならない手間があるので、マニュアル化したほうがいいと思います。
こんな感じで(http://iberia-dance.com/?page_id=113

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

関連する記事

Copyright © IN THE COM .inc All rights recerved.